« 仙川ソロ 2022/10/29(土) | トップページ

2022/11/05

SAN-ESU BASE 羽根倉通り 2022/10/30(日)

仙川を走った翌日の日曜日も快晴。日中は家の用を片付け、午後遅くなってから羽根倉橋のSAN-ESU BASEまで出かけました。もともと東京サンエスは大好きでここも気になっていたのですが、訪問するのは今回が初めてです。(参考:cyclowired.jpの紹介記事

 

Img_4025

 

練馬の自宅から羽根倉橋までは大体15kmくらい、半分以上は荒川の土手道です。現地到着は15時20分頃でした。カフェのある2階までスロープ付きの階段で自転車を押し上げてドアの外に停めます。カフェは16時まで営業と聞いていたので余裕かと思っていたら、オーダーストップは15時半だそうで、危ない危ない。広くて小綺麗な店内には先客の自転車乗りが2,3人。台数は限られますが店内にも駐輪スペースがあります。

 

ここのカフェでは東京サンエスの社長さんが自らソフトクリームを出してくれます。こんな土日まで働いて、ちゃんとお休みは取れているのでしょうか。大きなお世話ですね。一番ベーシックなソフトクリームを頂きました。リーズナブルなお値段でとても美味しいソフトクリームです。

 

カフェの奥はもう一つの目玉、東京サンエス取扱い商品のショールーム(上の写真)に続いています。ハンドメイドショーやサイクルモードの出展ブースでも商品は見られますが、こちらの方が種類も点数もはるかに多くて見応えがあります。特にハンドルはほぼ全種類各サイズ展示とのことでなかなか圧巻です。何でもご存じの気さくな男性社員の方との会話が楽しくて、つい閉店時間を過ぎてしまってすみません。お付き合いありがとうございました。

帰り際には社長さんまで出て来られて、この日乗っていった黒TOEIに泥除けやチェーンガード、バッグなど東京サンエス製品を多用している(そう言えば…)のを喜んで頂いたのでこっちまで嬉しくなりました。VIVAもDIXNAもGRUNGEも好きで長年使って来たけれど、まさかその作り手と自分の自転車を挟んでお話をする日が来るなんて思いもしませんでした。工業製品でここまで作り手の顔が見えることなんて、そうそうないですね。

 

Img_4026
羽根倉橋西詰上流側、サイクリングロード入口からSAN-ESU BASEを振り返る

 

Img_4027
何かのイベントで熱気球が遊覧飛行(上下動)していました

 

Img_4028
朝霞水門で日が暮れます。鏡のような水面。穏やかな一日

« 仙川ソロ 2022/10/29(土) | トップページ

01.サイクリング」カテゴリの記事

02.自転車-TOEI」カテゴリの記事

コメント

これは、これは、知らないうちに面白い試みがなされてますね。
ぜひ、訪ねてみたくなりました。比較的近いですし、何と言っても私なんて今んとこ毎日が日曜日。
でも、オープンは土日限定だから関係ないか(笑)

いいですよ、ここ。ぜひ。
実はこの日曜日も嫁さんを連れて再訪しました。嫁さんも気に入ったみたいです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙川ソロ 2022/10/29(土) | トップページ

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ