« 黒TOEIの紹介 | トップページ | SAN-ESU BASE 羽根倉通り 2022/10/30(日) »

2022/11/04

仙川ソロ 2022/10/29(土)

この週末は二日間とも晴れ渡りました。ここ1、2ヶ月ほど何やら忙しくてほとんど外出もしていませんでしたが、用事が一段落して晴れて自由の身になったので一人で自転車ブラブラ。こういうの久しぶりだな~

 

リハビリがてら近いところ、出来れば行ったことのないところ、、ということで考えた末、仙川の上流端を目指してみることにしました。

荒玉水道道路との交点からスタート。川沿いの道は細くなったり太くなったり、京王線の線路を階段でくぐる1箇所を除けば東八道路まで概ね気持ち良い小径を辿ることが出来ます。ところが東八道路を越えて200m程進むと突然川幅は半分以下になり、川沿いの道も無い方が多いどころか、三鷹から武蔵境にかけての住宅地などでは暗渠化されていて、どこを流れているのかさえ分からない状況になります。川沿いを走ることは端から諦めてあらかじめマップに分かる範囲の流路をざっくりトレースしてきたので、ところどころで川に挨拶しながら上流を目指しました。

 

Img_3991
荒玉水道道路のほど近く、東宝撮影所の裏あたり

 

 

Img_3992
祖師谷公園

 

Img_3993
京王線をくぐる

 

Img_3995
下連雀のあたり。川幅が狭い…

 

Img_4002
亜細亜大学付近。実はこの道は多摩川方面に向かう時によく通るのですが、この水路が仙川だとはうかつにも知りませんでした。

 

Img_4004
公園の池を潤し、子どもたちの遊び場になっています。いい風景だな~

 

Img_4007
看板は立派だけど、水、ないじゃん、、

 

Img_4008
おおっ、ここも府中方面に向かう際にいつも横切るところです。これも仙川だったのか…(武蔵小金井付近)

 

Img_4009
玉川上水から分水された用水が仙川と土手で立体交差しています。地形が徐々に立体的になってきました。

 

Img_4012
すぐ先が上流端です。もう少し

 

Img_4014
到着

 

まあ、地形的には本来の源流はまだこの先のどこかだろうと思いますが、曲がりなりにも水路の体をなしているのがここからという意味で上流端なんでしょう。

日も暮れてきたので、大いに満足して帰途につきました。

« 黒TOEIの紹介 | トップページ | SAN-ESU BASE 羽根倉通り 2022/10/30(日) »

01.サイクリング」カテゴリの記事

02.自転車-TOEI」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
ここんとこバタバタしていたのでブログの更新に気づきませんでした。
仙川は小金井公園のあたり、桜堤団地の辺りになると、川というより水路じゃないかというくらい不自然に曲がってますね。
その途中にある、浴恩館公園という公園があったと思いますが、寄られましたか? 小金井にこんなところがあったんだと新鮮でした。上流端は知りませんでしたが改めてググってみると、新小金井街道の学芸大学前の辺りでしょうか。
川めぐりは、えっこんなところを通るの?とかが新鮮で面白いですね。ずいぶん前に石神井川を巡ったので、次は白子川と決めていたのを思い出しました(笑)

taboomさん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。

近場の川めぐりはお手軽で楽しいですね。私はtaboomさんがちょっと前に走られていた
新河岸川が気になっています。以前より整備が進んで舗装が伸びているみたいですね。

浴恩館公園は、日が傾いてくる中、川の屈曲に付き合いきれずにショートカットしてました(笑)
また次の機会にぜひ立ち寄ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒TOEIの紹介 | トップページ | SAN-ESU BASE 羽根倉通り 2022/10/30(日) »

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ