« 大垂水峠・和田峠 2020/11/15(日) | トップページ | 七重峠~松郷峠周回 2020/11/21(土) »

2020/12/23

サイクリング専用iPhone6

昨年の9月に常用のスマートフォンをiPhone6からiPhone11に乗り換えました。(こちら

 

液晶が故障していたiPhone6は、ダメ元でフロントパネルをamazonで買った中華製品にまるっと交換してみたところ、運良く復活しました。新しい液晶は口コミの通り全体にやや青みがかった色合いでしたが、その他は純正と比べて何も遜色ありません。色合いもOSの設定で違和感のないところまで追い込めましたので問題なし。起動時のリンゴマークだけが妙に青白いのはご愛敬です。しかしこれが2000円台で手に入るとは、すごい時代になったものです。

 

そのiPhone6は現在、サイクリング専用スマホとして使用中です。どんな使い方をしているか、簡単にご紹介しようと思います。

 

Img_0955
復活

 

 

こいつに関しては、相当に割り切りました。

 

まず携帯回線には繋がず、Wi-Fi専用です。出先では電池の消耗を防ぐため機内モードにします。

使うアプリは基本的にブラウザ(クロム)と地図(ジオグラフィカ)だけです。クロムでRide with GPS のサイトにアクセスして、あらかじめPCで作っておいたルートをダウンロードし、そのルートをジオグラフィカで地形図上に表示させます。ジオグラフィカは一度表示した地図をキャッシュしてくれるので、事前に家で頑張って全域を一度表示させておけば、当日はオフラインで地図表示ができます。

 

ジオグラフィカの画面はこんな風に表示されます。地形図そのものが表示されたのを初めて見た時には、結構「おおっ」と思ったものです。さらにGoogleマップのデータも表示してくれるので、地形図にコンビニが表示されたりします(笑)

 

Img_8390
ピンク色のラインがあらかじめ作っておいたルート。色は自分で指定可能です。

 

別に予定ルートを表示しなくても走る上で支障は無いし、実際は気分次第で好きなように外れて走ってるんですけどね。でも、画面をパッと見た時に予定ルートが表示されているのは、現状の把握やその後の予定などを考える上でもやっぱり楽チンです。一度ラクを覚えると人間なかなか戻れません。

 

一度ラクを覚えると戻れないのは地図上の現在地表示についても然りで、上の図では見えていませんが、実際は現在地がマーカーで表示されます。これがもう超絶便利です。かつて紙の地形図で現在地が勝手に表示されたらどんなに便利だろうなんて夢想したものですが、それがいつの間にか実現していました。

 

そんなこんなで、スマホの使い始めは時々現在地を確認する程度で補助的に持ち歩いていたのが、今やすっかりメイン地図になってしまいました。一応大まかな紙の道路地図は保険で持ち歩いていますが、出番はほぼありません。この調子では人間退化して地図を読むスキルも失われようというものです。それはその通り。まあ、もしもGPSが無くなったら無くなったで、その時また頑張って地図を読むとしましょう。

 

iPhone6は2014年購入の古い機種なので動作はもっさりしていますが、これくらい使い方を割り切れば、特に使用上の問題はありません。電話やカメラ、お店探しなどのスマホの定番便利機能は、もう一台持ち歩く常用のiPhone11に任せます。このスマホ2台持ちがこの運用のミソでして、あれもこれも1台にまとめるとバッテリーも保ちませんし、万一の時のバックアップも効きません。2台持ちするようになってからモバイルバッテリーもあまり使わなくなりました。

 

自転車で走る時のiPhone6は、こちらの記事で紹介したスマホホルダーと組み合わせて使っています。このトピークのライドケースは使い勝手が大変よろしいのでお勧めです。

 

Img_0127
トピークライドケース+ミノウラスペースマウント

 

こんなところかな。以上、サイクリング専用iPhone6のご紹介でした。

 

このiPhone6にはまだ当分頑張ってもらうつもりなんですが、実は最近、電池がかなり弱ってきています。先日も寒い中で和田峠を走っていたら、それまで電池残量が50%弱だったのが、突然10%台に急落していました。これじゃ困りますね。今使っているバッテリーは中華製の互換品を買って自分で換装したものです。それから3年ほど経っているので、そろそろまた次の交換を考えた方が良い時期なのかも知れません。

« 大垂水峠・和田峠 2020/11/15(日) | トップページ | 七重峠~松郷峠周回 2020/11/21(土) »

10.PC・デジタル」カテゴリの記事

コメント

色々と器用にこなしますね。
我が家にも液晶不良のiPad mini、バッテリーに難ありのiPhone SEがあり、古いのに外注に出すのも高いし、交換方法を検索してもピンとこないので放置してます。
今度、コツを伝授してくださいませ!!

iPhoneは、外に出かける際にはなくてはならない物になってます。
地図を持つ事もなく、堕落といえば堕落です(笑)
ネットに繋がらなくても、キャッシュ状態で持ち運べるというのはメリットですね!

やまもとさん、コメントありがとうございます。
私の場合、iPhoneの分解手順はもっぱら下記のサイト頼みです。
https://bunkaikoubou.jp/
バッテリーとかパネルとかはamazonの中華製品です。
沢山あって迷いますが…私の場合はあまり冒険はせず無難そうなものを選んでます。
後は専用工具セットですかね。バッテリー等とセットで付いてくる場合もあります。
詳しくはまた今度(^^)

taboomさん、コメントありがとうございます。

そう、まさに堕落。便利に使えるうちは使っておこうかと(笑)
キャッシュのお陰で通信不要なのは、電池保ちも良くなるし
山だと電波が入らないことも多いので、ホントにメリット大です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大垂水峠・和田峠 2020/11/15(日) | トップページ | 七重峠~松郷峠周回 2020/11/21(土) »

リンク

ウェブページ

memo

無料ブログはココログ