« ESCAPE JR 24 切る・貼る・つなぐ | トップページ | シリカ スーパーピスタ補修 »

2020/09/27

梅の木峠 2020/9/18(金)

7月は雨また雨、8月は猛暑、9月に入ってようやく涼しくなったと思ったら今度は何やら週末ごとに天気が冴えません。なかなかうまくは行かないものですね。9月19日から始まる4連休の前半はやっぱり雨予報ですが、ふと見ると18日はまあまあ良さそう。それではと言うことで、急遽休みを取って一人で走りに行くことにしました。

そろそろ峠道も走りたくなってきましたので、しばし考えた末、五日市と青梅の境にある梅の木峠を目指すことにします。

 

20200918map
ルートはこんな感じ。詳細はこちら。距離は120kmほどでした。

 

この日は久しぶりの真夏日でした。いつもの千川通り~玉川上水~武蔵小金井経由で西に向かいます。

 

Img_0413
武蔵国分寺跡のナイスな木陰で休憩。先月は2回もここに来ましたよ(1回目2回目

 

国立の南側から多摩川に抜け、左岸をさらに西に進みます。

 

Img_0414
昨年の台風19号被害で通行止めになっていた日野橋は、今年5月に無事復旧しました。

 

Img_9265
ちなみにこちらは今年3月の写真。中央付近が沈んで波打っています

 

Img_0415
拝島付近、睦橋に至る公園は台風19号被害からの復旧工事で閉鎖中でした。右手の階段を押し上げて一般道を迂回します。

 

Img_0416
多摩橋から下流方向の眺め。ここで多摩川を渡り西へ向かいます。

 

途中コンビニでパンをかじり、適当に裏道を繋げながら西へ西へ。日の出町役場を過ぎ、つるつる温泉入口交差点で梅の木峠に至る谷筋の道に入りました。ここからは交通量も少なく、綺麗に整備された道をのんびりじわじわ登ります。

 

梅の木峠は今回が2回目ですが、ほとんど記憶に残っていないので実質初訪問みたいなものです。前回は30年以上前の学生時代、反対側の軍畑から峠を越えました。確か登りは砂利道だったような気がします。つるつる温泉?何それ?

 

Img_0420
つるつる温泉まであと2kmくらいの地点。自転車は逆に向いていますが、この奥の方へ登っていきます。

この写真の右手でトンネル工事をしていました。

Img_0419
トンネルは梅ヶ谷峠の北側登り中腹くらいに抜けるようです。工事期間は2022年1月まで。これが開通したら青梅方面からつるつる温泉へのアクセスが劇的に良くなりますね。

 

つるつる温泉は初めて見ましたが、ずいぶん立派な日帰り温泉施設みたいですね。今度車で来てみようかな。

写真は撮り忘れましたorz

 

つるつる温泉を過ぎると道路整備は終了。わかりやすいぞ。

 

Img_0421
しかも通り抜けできない?そうだったのか。まあ、行ってみましょう。

 

ここから本格的な登りです。勾配も結構きつくてすぐに一番軽いギアに入りました。峠道は3月の和田峠以来だから、半年ぶりです。それでも今回は軽いギアのSWツーリング車なので、前回チネリのロードでひいひい言いながら登ったのに比べたらだいぶ楽に登れました。沢を詰め、尾根を乗り越え、山腹を巻き巻きしながらどんどん高度を稼ぎます。つるつる温泉から峠までの標高差は400mほどです。

うーん、やっぱり峠道はいいなぁ。

 

Img_0422
峠の手前で展望が開けます。

 

Img_0423
梅の木峠。四つ辻が小さい広場みたいになっています

 

Img_0425
やっぱり青梅側は通行止めでした。強行突破はやめておきます。

 

Img_0429
丁寧に写真まで貼ってありました。

 

梅の木峠でしばらく休憩後、来た道を引き返します。迂回路として二つ塚峠を越えて青梅に下り、多摩川を渡って東に向かいました。青梅が扇状地の頂点なので、多摩川の河岸段丘さえよじ登ってしまえば、その後は下り基調の走りやすい平坦路です。

 

Img_0431
狭山丘陵の西端、残堀側の源流、狭山池公園です。

 

Img_0430
道を挟んだ反対側には、残堀側の上流端があります。残堀側は日野橋付近で多摩川に注ぎ込むので、今日は残堀側のはじまりと終わりを両方一度に訪れたことになります。

 

この後は狭山丘陵の北側を抜けて帰路につきました。

 

私が地図を見る時はいつも、道なりに長々と走れて、かつ交通量が少ない細道を無意識に探します(それに旧道のような謂れや美しい道のうねりとかが備わっていたら最高なんですが、まああまり贅沢は言えません)。かねてそういう細道のレパートリーを増やしたいと思って毎回あちこちで試行錯誤しているのですが、今回は狭山丘陵の北側から所沢付近までの10kmほどで、なかなか良いルートを見つけられたように思いました。そういった好ルートが頭の中でネットワーク的に繋がっていく感覚もまた楽しいものです。

 

さて次はどこへ行こうかな。

 

Img_0434
練馬に戻ると、雲の下、地平線すれすれから日が射してきました

 

« ESCAPE JR 24 切る・貼る・つなぐ | トップページ | シリカ スーパーピスタ補修 »

01.サイクリング」カテゴリの記事

02.自転車-SW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ESCAPE JR 24 切る・貼る・つなぐ | トップページ | シリカ スーパーピスタ補修 »

リンク

ウェブページ

memo

無料ブログはココログ