« フロントバッグのこと | トップページ | ランドナー自転車展未遂 2020/8/13 »

2020/08/18

2020/8/2(日) 浅川~五日市周回

待ちに待った梅雨明けの翌日、走りに行きました。

今回は前から気になっていた北浅川沿いの道を探ってみたいと思います。ついでに、北浅川の支流である山入川の谷から北へ小さな峠を越える林道を見つけたので、旧小峰トンネルとセットで五日市方面に抜けてみましょう。

 

20200802map
コースはこんな感じ。距離は101kmほどでした。詳細はこちら

 

天気は晴れ後曇り。暑いです。長かった梅雨がようやく明けたのは喜ばしいけど、身体がまだ暑さに慣れていないのでいきなりの猛暑は勘弁してほしいなぁ。まあ、走り出せば空冷で何とかなるとは思いますけど。

 

例によって練馬の自宅から自走日帰りです。いつもの千川上水沿い~玉川上水~武蔵小金井を経由して、武蔵国分寺跡。いつもはこの横を通り過ぎるばかりですが、たまにはゆっくり見物してみようと思います。

 

まずはお鷹の道からすぐそこの国分寺桜門。たいそうな構えでさすが国分寺と一瞬思ったのですが、東久留米の辺りのお寺の門を明治時代に移築したものだそうです。まあ、それにしても立派なものです。

 

Img_0122
国分寺桜門

 

ここで休憩中に困ったことに気がつきました。夏本番を迎えるにあたって満を持して導入した新兵器、サーモスの保冷ボトルのストローが使えません。いくら吸っても水が出てこない。どうも開通していないようです。何だこれは。仕方ないので以後は休憩の度にねじ込みのフタを外して飲んでおりました。

 

Img_0123
七重塔跡。気持ちよく開けた原っぱの一角に、当時の超高層建築があったようです。

 
Img_0127_20200817230001 Img_0131
武蔵国分寺跡。奈良時代のこの辺りの様子に思いを馳せます。馳せるだけで、様子を想像するのはちょっと難しいけど。

 

武蔵国分寺跡からは、国立の市街、矢川駅前を抜けて石田大橋で多摩川に出ます。

 

Img_0132
石田大橋から多摩川の下流方向

 

石田大橋から万願寺交差点を左折、すぐに浅川沿いに抜けました。

 

Img_0135
万願寺歩道橋より浅川の上流方向

 

多摩川の支流の浅川沿いは右岸も左岸も自転車道が整備され走りやすい、、、区間もあります。まあ概ねは走りやすいんですが、両岸ともところどころにトラップがあって迂回や我慢の走りを強いられることがあります。ここ数年は折に触れて訪れ、だいぶ様子が分かってきましたが、長沼あたりから上流の左岸はまだまだ不案内なので、今回は左岸をメインに、浅川から北浅川方面に向かおうと思います。

 

Img_0136
長沼橋から上流側の左岸、鏡のような道を800mほど進むと…

Img_0137
中央線の線路でブツッと途切れます。地図で知ってた上で見に来ました(ホントです信じて)

 

北浅川に分岐してそのまま左岸を進みますが、この辺から川沿いの快適なサイクリングロードの類ではなく、一般道です。まあ平均すれば交通量もさほど多くなく、走りやすい地方道です。やがて北浅川の支流、山入川に入ります。

 

それにしても暑い。疲れも出て来たので休憩を、と思うのですが、なかなか適当な木陰もないのでそのままズルズルと走りました。山入川沿いは埃っぽく道幅も広く、平日はたぶんダンプの交通量も多いのではないかと思いました。日曜日で良かった。

 

Img_0140
日陰発見。残念ながら圏央道の高架下で風情もへったくれもありませんが、贅沢は言えません。持参のパンで昼食休憩。

 

Img_0141
さらに山入川を遡り、林道への分岐。右の小径から小さな峠を越える林道に入ります。

 

Img_0142
すぐに車止め。というより、車幅規制。

 

Img_0143
林道糀谷山入線というらしい

 

Img_0145
しばらくノンビリ登ると、ほどなく小さな峠に到着。苔むした切り通しです

 

Img_0146
下り。急に景色が明るくなって林道終点

 

下りきると秋川街道、都道32号線です。左折してすぐの小峰トンネルを抜ければもう武蔵五日市ですが、その上の旧トンネルにまだ行ったことがないので、そっちにハンドルを向けました。

 

Img_0150
旧トンネル分岐に入ってすぐ、車止め

この先の旧道は舗装も荒れ気味、両側からの雑草の勢いにも押され気味です。特に問題なく通れますが、一人ではちょっと心細くなる感じの道です。

 

Img_0152
旧小峰トンネル。心霊スポットなどという予備知識は要らんかった…

 

Img_0153
五日市側の車止めまで下って一安心

 

Img_0155
武蔵五日市駅手前の秋川。川原は大勢の人で賑わっていました。コロナは誰だって嫌だけど、誰もが梅雨明けを待ちわびていたんでしょうね。

 

武蔵五日市駅からは主に五日市街道で拝島に出て、そこから玉川上水沿いを走って帰りました。

いきなりの猛暑の中でしたが楽しく走れました。ちょっとくらいは暑さの耐性を上げる助けにもなったでしょう。またボチボチと無理せず走りたいと思います。

 

そうそう、仕事を一切してくれなかった保冷ボトルのストローは、帰宅後、洗ったらいつの間にか開通して問題なく使えるようになっていました。あやうく初期不良で突き返すところでした。保冷性能は素晴らしいので、これから夏の強い味方になってくれることでしょう。

« フロントバッグのこと | トップページ | ランドナー自転車展未遂 2020/8/13 »

01.サイクリング」カテゴリの記事

02.自転車-SW」カテゴリの記事

コメント

国分寺跡は空が広くて気持ちの良い場所ですね。

>林道糀谷山入線
手軽だけど面白そうなルートですね。
参考にさせていただきます。

コメントありがとうございます。ご参考になったなら幸いです。
何しろ分岐から600m程度でピークなので、実に手軽でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロントバッグのこと | トップページ | ランドナー自転車展未遂 2020/8/13 »

リンク

ウェブページ

memo

無料ブログはココログ