« 狭山丘陵・加治丘陵 その1 2020/6/5(金) | トップページ | フロントバッグのこと »

2020/07/18

狭山丘陵・加治丘陵 その2 2020/6/27(土)

6月最後の土曜日、狭山丘陵と加治丘陵をはしごする日帰りサイクリングの2回目です。

今回も加治丘陵の旧サイクリングコースを目指します。このコースには北コースと南コースがあり、前回は南コースを辿りました。今回は、残りの北コースに行ってみようという算段です。

 

Img_0028
北コースにて

 

 

さて、天気はどんよりですが、まあ、降ることはなさそうなので走り出しました。

前回は練馬の自宅からひばりヶ丘や落合川を経由して狭山丘陵の北側に向けてアプローチしましたが、今回は西の方面に向かう時の定番、千川上水~多摩湖サイクリングロードを経由して丘陵の南側に向かいます。

 

20200627map
ルートはこんな感じ。詳しくはこちら。距離は111kmほどでした。

 

Img_0008
さっそくですが多摩湖に到着。ここは村山下ダムというらしいですね。ちょっとだけ寄り道して記念撮影。

 

多摩湖南岸のクネクネ道に戻って西へ向かい、村山上ダムを北に抜けて狭山湖を目指します。こちらのダムの上の道は、以前は路肩の狭い車道で交通量も多く、こんな道二度と通るもんかと思ったものですが、最近歩道ができたと聞いて見に来ました。

 

Img_0009
村山上ダム、車道の西側に設けられた綺麗な歩道。すばらしい。

Img_0012
ただしこの歩道、自転車走行禁止です。連続性がないなぁ。

 

その後うっかり西武球場前駅まで下りてしまったので、狭山不動寺を抜けて次のダムまで登りました。

 

Img_0015
狭山湖、山口ダムです。風景が多摩湖とそっくりで、よく間違えます。

 

狭山湖から、前回新品タイヤのサイドカットをやられた(たぶん)湖畔のダート道は敬遠して坂を下り、狭山丘陵の北縁を西に向かいました。途中で北に方向を変え、開けた郊外の景色の中、加治丘陵を目指します。

 

Img_0017
突如出現した新宿中村屋の巨大な工場

そーかぁ、地図に「中村屋中華まんミュージアム」とあったので気になっていたんですが、なるほど工場併設だったんですね。

 

Img_0018
中華まんミュージアム。完全予約制だそうです。

 

Img_0020
茶畑から加治丘陵。前回登った桜山展望台も中央右寄りに小さく写っているんですが、小さすぎて分からないですね。

 

Img_0021
再び桜山展望台入口。前回は右の道に入りましたが、今回は左へ向かいます。

 

Img_0022
すぐに車止め。いよいよ旧サイクリングコース(北コース)です。

 

Img_0023
うっそうとした杉林の中、苔むした道。遅い時間とかにはあまり通りたくない感じです。

やがて、太めの道と合流しました。

 

Img_0024
振り返ったところ。この左側の道を上ってきました。右の道は駿河台大学に至る道に抜けます。この後、車が通ってびっくり。

 

Img_0027
突如視界が開け、それまでのうっそうとした道とのギャップに驚きます。「山仕事の広場」と名付けられた、静かで雰囲気の良い広場です。トイレや簡単な遊具もあります。こんなところでノンビリするのも良さそうですね。でも、今日はこのまま先に進みます。

 

Img_0029
途中で見かけた切り株のふくろうオブジェ。こういう遊び心は好きですが、薄暗い時分に見たらちょっとホラーかも…
(このページ一番上の写真は、この場所を手前から見たところです)

 

Img_0030
こんな感じのコンクリ舗装が最後まで続きます

 

Img_0032
キュッと短い急坂を登った小さなピークに丸太のベンチがあったので休憩。

 

ここから先は低山ハイキングでよく見かける、緩やかな尾根線をたどっていく下り基調の道です。地形としては緩やかでも尾根線を忠実にたどっているので、小刻みに急なアップダウンが結構あります。山サイ感もたっぷり。自転車で走るとジェットコースターみたいでとても楽しいんですが、この道幅でこのアップダウンでは、いくらサイクリングブームの頃でも万人向けのサイクリングロードとしてはちょっと厳しいものがあったのではないでしょうか。

 

「かつてはサイクリングコースとして利用されていましたが現在では遊歩道として親しまれています。北コースは起伏に富み、南コースはなだらかで、ノンビリと散策しながら森林浴を楽しめます」

これは前回もリンクした入間市の案内に書かれていた紹介です。自分はこれを後から読んだので、北も南も予備知識なしで訪れたのですが、うん、確かにどちらもその通りでしたねえ。

 

さて、楽しい尾根道は1kmくらいも続いたでしょうか。名残を惜しみつつ、最後は小さなつづら折れで住宅地に下りました。

 

Img_0035
起点だか終点だかの車止め

 

ここから先は入間川から荒川へ、いつもの川沿いの道を淡々と走りました。途中ちょっとだけ色気を出して、初雁橋から入間川の左岸(西側)から越辺川の道場橋に繋いで、、、と思ったのですが、越辺川との合流点付近の堤防工事に阻まれて、すごすごと落合橋から入間川右岸にもどりました。このあたりは昨年の台風19号でひどい洪水被害のあった地域なので、その関係の工事なのかも知れません。

 

Img_0046
入間大橋から上江橋に至る道は工事中で通行止めなので、開平橋からゴルフ場横の道で荒川左岸を南下。
日が射してくるとちょっと暑い季節です。いい加減バテてきていたので、越辺川方面はやめて正解だったかも。

 

こんな感じで明るいうちに無事帰宅しました。お目当てをコンプリートして、楽しく一日走れたので満足です。

前回内側からパッチを当てて修理したタイヤも今のところ無事に働いているようです。目は離せませんけど、まあ、もうしばらく頑張ってもらいましょう。

« 狭山丘陵・加治丘陵 その1 2020/6/5(金) | トップページ | フロントバッグのこと »

01.サイクリング」カテゴリの記事

02.自転車-SW」カテゴリの記事

コメント

北コースがまだあったんですね。できたての頃に来たコースを歩いた事があります。
今度自転車で行って見ますね。
お住まいも比較的お近くなようで、今度機会がありましたら一緒に走りに行きましょう。

北コースも楽しかったです。コンクリ舗装は気持ち荒れ気味でしたけど、
太めのタイヤなら全然問題ないです。
良いところをご紹介いただいてありがとうございました。

また今度、機会がありましたらぜひご一緒しましょう(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狭山丘陵・加治丘陵 その1 2020/6/5(金) | トップページ | フロントバッグのこと »

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ