« 2020/3/22(日) 高尾~城山湖~和田峠周回 | トップページ | 街乗りスタッガード車メンテ »

2020/04/22

700Cタイヤ実測

新型コロナの緊急事態宣言以降は在宅勤務をしています。外出も控えてStay Home。運動不足なのになぜか食欲は増していて、密かに危機感を募らせる今日この頃です。

 

時間には多少余裕ができたので、塗り替えから上がってきたSWツーリング車の組み立てを少しずつ進めています。日曜日はこの自転車に使用するホイールを決定するために、実際にタイヤを装着して太さを測定してみました。候補のホイールが2つあって、どっちにするか迷っていたからです。

 

検討したホイールは以下の記事の2つ、リムで言えばMAVICのOPEN PROとH PLUS SONのTHE BOXです。

 

ホイール組んだ(2015/8/4)
http://suzukita.air-nifty.com/blog/2015/08/post-aeae.html

 

OPEN PROとTHE BOXの最大の違いはリムの幅にあります。ノギスによる素人計測なので誤差がある前提で、実測はOPEN PROが外19.9mm/内14.3mm、THE BOXが外23.2mm/内17.6mmでした。幅だけ見るとTHE BOXの方が、最近太タイヤがすっかり主流になったロードバイクで使われているリム幅に近いですね。

 

この自転車では以前、THE BOXに32Cや35Cのタイヤという太め×太めの組み合わせでしばらく使っていたのですが、去年の夏に気分転換でOPEN PRO+パナレーサーのRACE C EVO4(700×28C)を使ってみたところ軽さと乗り心地が気に入って、そのまま直近まで使っていました。さて、次はもう少しタイヤを太くしたいけど、軽さも捨てがたい。軽くて細いOPEN PROと、重さそこそこで幅広のTHE BOX、どっちにしようかなぁ、ということで今回の検討に至りました。

 

Img_7985
RACE C EVO4。外見は古典的ですが中味は最新。

 

今回、タイヤはグランボアのシプレ(700×30C)を初めて使ってみます。RACE C EVO4ほどではありませんが、太さを考えたら十分軽量なタイヤです。パンクガードがなくて乗り心地が良いという触れ込みに期待しています。

 

Img_9749
シプレ

 

OPEN PROのメーカー推奨タイヤ幅は19~28Cなので、30CのタイヤでOPEN PROは最初から選択肢に入らないという方もいらっしゃいましょう。まあ、自分はOPEN PROよりさらに細いアラヤRC540に32Cタイヤの組み合わせで長いこと使って特に問題を感じなかった人間なので、大丈夫です。(何が?)

 

ということで、リム2種(OPEN PRO/THE BOX)とタイヤ2種(RACE C EVO4/シプレ)の組み合わせで取っ替え引っ替えして、タイヤの幅をノギスで測ってみました。

 

いきなりですが、結果は以下の通りです。

  MAVIC OPEN PRO H PLUS SON The BOX
パナレーサー RACE C EVO4(700×28C) 26.7mm(現行) 28.0mm
グランボア シプレ(700×30C) 29.5mm →採用 30.5mm
参考:タイオガ シティスリッカー(700×32C) 32.4mm ※3.4barで測定

もちろん測定はエイヤッですのであまり精度を求めてはいけません。なお、参考表示のタイオガを除いて空気圧は5.0barで測定しました。これを見ると、今回の条件ではリムの差よりもタイヤの差の方が大きかったようです。

 

結論としては、軽快感に期待して今回はOPEN PRO+シプレで組んでみることにしました。

手間はかかったけど、モヤモヤしていたのがスッキリしました。コロナ騒ぎで急ぎではなくなりましたが、引き続き粛々と組み立てを進めようと思います。

 

Img_9764
手前:シプレ、奥:RACE C EVO4。リムはどちらもOPEN PROです。

Img_9761
別の角度から、右:シプレ、左:RACE C EVO4

 

 

おまけ その1

 

RACE C EVO4に入れていたR'AIRのチューブがタイヤの裏に貼り付いてしまい、リムからタイヤを外すのも、その後タイヤからチューブを剥がすのも渾身の力が必要で、過去最高に難儀しました。ぜーぜー。(何故か後輪だけ。前輪はそんなことありませんでした)

 

Img_9745
チューブ表面の印刷がタイヤ裏に持っていかれました

 

おまけ その2

 

今回、シプレに入れたチューブは手元にあったコンチネンタルのスタンダードなグレードのものだったのですが、、、

Img_9748
コンチネンタル Race28(700×28~32C)

 

うーむ、わざわざ軽量タイヤと組み合わせるかという重さ…
まあ、信頼感は抜群なのであえて選択する手もあるでしょうけど、もうちょっと考えてみます。

 

Img_9769
ちなみにR’Air (700×23~28C)。細さもありますが、それにしても軽いです。

« 2020/3/22(日) 高尾~城山湖~和田峠周回 | トップページ | 街乗りスタッガード車メンテ »

03.パーツ/メンテナンス」カテゴリの記事

02.自転車-SW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/3/22(日) 高尾~城山湖~和田峠周回 | トップページ | 街乗りスタッガード車メンテ »

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ