« ライジンロード復活 | トップページ | 埼玉サイクルエキスポ2016 »

2016/03/10

2016ハンドメイドバイシクル展

1月から2月にかけて、2つの自転車イベントを冷やかしに行きました。
何を今さらという感じではあるのですが、備忘録として。

一つめは、1月23日~24日に北の丸公園の科学技術館で行われた「2016ハンドメイドバイシクル展」です。初日に見に行きました。

Img_2316
これはもう毎年のお楽しみ。と言いつつ、昨年は所用で来られませんでしたので、2年ぶりです。

10年くらい前でしょうか、出展社数が減って寂しい時期もあったのですが、ここ数年はすっかり盛り返しています。2年前に比べても、新しいビルダーさんが増えてさらに賑やかになっていました。専門学校の生徒さんやサンデービルダーの出展など、隔世の感があります。

それらは職人による走りの追求といった、競輪が下支えしてきたものとは違う方向の動きなのかも知れませんが、その中から何かまた新しいものが生まれてくることもあるでしょう。裾野の広がることが悪かろうはずがありません。

Img_2350
賑わってます。

Img_2362
ヒロセのブース。やっぱり賑わってます。

Img_2385
個性的なデザインのmacchi cycles。

Img_2385_2
ラバネロのブース。いつも無人^^;

Img_2404
SW渡辺さん。いつもありがとうございます。

Img_2339
TOEIは現代的なロードを出展。

Img_2392
東京サイクルデザイン専門学校のブースでは何台か在校生の作品が展示されていました。こちらはうら若き女性ビルダー(とっても強い現役選手のようです)が自分のために作った女性用シクロクロス車です。学校での制作活動について色々お話を聞かせてくれました。

Img_2375
フレーム素材の展示も複数ブースで見られました。

やはりビルダーさんと直接お話できるのは楽しく、あっという間に時間が経っていきます。
こんな調子だから自分の自転車はいつまで経っても鉄ばかりでなかなか軽くならないのかもなー

« ライジンロード復活 | トップページ | 埼玉サイクルエキスポ2016 »

04.自転車の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016ハンドメイドバイシクル展:

« ライジンロード復活 | トップページ | 埼玉サイクルエキスポ2016 »

リンク

ウェブページ

memo

無料ブログはココログ