« 秋のわらじカツ 2015/11/21 | トップページ | 2ヶ月連続・窯出しカステラ »

2016/01/12

SWのBB交換

SWツーリング車のチェーンを掃除しようとして、ふと気がつくとクランクにガタが見られます。玉当たり調整がてらグリスアップしようと思ってバラしてみると、ワン・シャフトともに見事に虫喰ってましたorz
 
Img_2071

Img_2075
BBはサンツアーSL、軸長は115mmです。

おそらく昨年のもてぎの雨中走行で浸入した水がサビを呼んだのでしょう。このBBはやたらとシールドがしっかりしているのでつい油断していました。ひっくり返して水抜きしたくらいではダメだったようですね。

Img_2076
BBを交換することにして、滅多に出番のない専用工具で右ワンを外します。


★選手交代

Img_2125
一番手はmaid in Taiwan のOTA 113mm。軽量選手ではないものの、男らしく張り出したツバとヤフオクで1200円(送料400円)という価格が素敵。

Img_2129
男らしいツバがTAシクロツーリストの5ピンに干渉して使えませんでしたorz
まあ、軸長が相当短めというのもあるんですけどね(軸長についてはまた後ほど)。

Img_2164_2
二番手、TANGE LN7922の113mmです。ツバの張り出しはOTAに比べて控えめで、問題ありませんでした。

Img_2165
左ワンもすっきり。

★軸長について

TAシクロツーリストのクランクに組み合わせるBBは、私はもっぱらシマノ互換のものを使っています。
テーパー部分が純正より太めで掛かりが若干浅い形になりますが、テーパー角は問題ありませんし、現行品のカートリッジBBが流用できるのは何かと便利です。そもそもコッターレスの構造的に、強く締め込んだり抜き差しを繰り返すことで変わっていく部分なので、現物合わせで大体のチェーンラインが出ればOKと考えることにしました。

今回交換したBBの軸長113mmというのは、私の使い古したクランクをダブルで使う場合に、アウターギアの位置がロードで標準とされる43.5mmのチェーンラインと大体一致する長さです。通常、ダブルの場合のチェーンラインはアウターとインナーの中間位置に合わせますが、自分はアウターの位置で設定しています。フロントはアウターでリアのトップからローまで全て使い、インナーではロー側のせいぜい3~4枚しか使わないので、それに合わせました。

なお、交換前に115mmを使っていたのは、その時たまたま手元にそれしかなかったからです。まあ、それくらいいい加減ということで。

★余録

軸長を短くしたらフロントディレイラーの可動域を越えてしまったようで、インナーにスムースに落ちなくなりました。フロントディレイラーをカンパ・ベローチェからサンツアー・スプリントに交換しました。

Img_2130
エンドレスクランプがすっきり。変速もばっちり。羽根がアウターのカーブと合っていないのは、アウターに44Tとか使ってるから仕方ないなぁ…

« 秋のわらじカツ 2015/11/21 | トップページ | 2ヶ月連続・窯出しカステラ »

02.自転車-SW」カテゴリの記事

03.パーツ/メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87191/63047578

この記事へのトラックバック一覧です: SWのBB交換:

« 秋のわらじカツ 2015/11/21 | トップページ | 2ヶ月連続・窯出しカステラ »

リンク

memo

無料ブログはココログ