« ロイヤルノートン休眠 | トップページ | カテゴリー追加 »

2015/02/15

GIOS プルミーノ タイヤ交換

GIOS プルミーノのタイヤを交換しました。

この自転車は5年ちょっと前に購入しました。記事はこちら(大したことは書いてません)

Img_3228
2009年の購入当時の写真。購入後3年ほどは、ハマックスのチャイルドシートを付けて子供載せ車として使用。子供が大きくなり安定性に難が出てきたため、子供載せ車の座は他に譲り、軽快街乗り車として使用しています。小径車であることを意識させない自然な操作性と軽い走りで、なかなか素性のよろしい自転車です。

Img_0070
上の写真は昨秋、パンク修理したときの様子です。

で、元々付いていたタイヤのサイドがこんなことになっていました。これはひどい。

Img_0552
ボロボロです。5年やそこらでこんなことになりますかね、普通。
ちなみにモノはKENDAのKWEST 20×11/8、Made in Taiwanです。

Img_0548
新しいタイヤ。CST(チェンシン) Hyena、こちらもMade in Taiwanです。タイヤサイズも同じ20×11/8。28C相当ですね。

Img_0549
新旧の空気圧表示。bar表示で言うと、古いのが2.8-4.6bar、新しいのが4.1-6.8bar。ずいぶん高圧に変わります。と言うより、気がつかなかったんですが、前のがずいぶん低いですね。

タイヤの交換は終了。ついでにハブのグリスアップをします。
前後とも、シャフトを指でつまんで回すとねっとりゴリゴリ、笑ってしまうぐらい回りません。

Img_0556
購入以来、初めてばらしました。グリスがすさまじい粘度になっています。

Img_0553_2
玉押しは前後とも一部に小さな虫、、、いや、何でもありません。

Img_0554
グリスを詰め替えて玉当たりを調整すると、それまでが嘘のように気持ちよくコロコロ回り出します。

ついでにブレーキワイヤーやらブレーキシューやら適当に調整してできあがり。試運転した相方からは快適に走れるようになったとまずまずの好評価でした(^^)

Img_0615
収納風景。和室に2台、上下に置いてます。上にちらりと見えるのは私のSWスポルティフです。

« ロイヤルノートン休眠 | トップページ | カテゴリー追加 »

02.自転車-etc」カテゴリの記事

03.パーツ/メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87191/61137674

この記事へのトラックバック一覧です: GIOS プルミーノ タイヤ交換:

« ロイヤルノートン休眠 | トップページ | カテゴリー追加 »

リンク

memo

無料ブログはココログ