« チネリ組み始めました・・・が (3) | トップページ | 本館を一時閉鎖 »

2015/01/18

チネリ・スーパーコルサ

ようやくできました。

Img_0281

Img_0280
ホイールはステッカーを剥がして地味になったフルクラムRacing3。その辺の小細工はそのうち機会があれば紹介します。右バーテープの縁が白く縞々に目立っているのは光線の加減です。

Img_0283
リアのドライブトレイン。10速カンパです。リアディレイラーは2000年代半ば頃のケンタウル、ほんの一時期だけ上位モデルのレコードやコーラスと同じ双胴ボディが採用されたモデルです。この雰囲気大好き。スプロケットは13-26T。

Img_0294
チェンホイールはカンパのレコードです。この頃のカンパのクランクのデザインは割とツボなので、別に最上級グレード(当時)でなくても良かったのですが、これが安めに出回っていたので選んでみました。歯数は52-39T。普段SWスポルティフで42-28T(しかもリア13-29T)を使っている身としては、こんな大ギアまず踏み切れません。、、、まあ、しばらく使ってみましょう。チェーンはいつも愛用しているWippermannのCONNEX 10SO。

Img_0295
Ritchey WCS MTB V5 Paradigm Pedal 。以前もこちらで少し紹介しました。リッチーのV3あたりのMTB向けSPDは、シマノSH-51互換クリートとの相性が微妙でやや外れにくかった記憶がありますが、V5のこれは全く問題なしでした。

Img_0285
タイヤはミシュランPro4です。フォークのアールは大きめ。むらなくスムーズに曲がってるのはOK。

Img_0302
ブレーキはカンパのケンタウル。裏側とか見ると値段なりのところもあるのですが、こうしてみる分にはすっきりしてよろしい。制動力も全く不満ありません。唯一の反省は、見た目優先でいつもと逆の左前(右後)で組んでみたことです。やっぱり無意識のところで使い分けがまだ出来ておらず、時々停車する間際に後輪をロックさせたりしています。そのうち直そうかな。

Img_0307
カンパ・ケンタウルのエルゴパワー。SWスポルティフで最初数年間使っていたもので、この自転車一番の中古パーツです。当初はダブルレバーを使おうかとも考えていたのですが、エンデューロやヒルクライムでそれなりにせっせと走ることを考えて実用性を優先しました。ハンドルは日東M106、ステムは日東のパールです。

Img_0308
サドルはサンマルコ・ゾンコランです。この縦長ノーズ、たおやかな曲線、シルエットに惚れました。カーボンレールで結構軽量です。ハブ胴のカーボン柄はダミーなので、この自転車唯一のカーボンパーツだったりします。
一度、これの黒を買って使っていましたが、ギシギシと異音がするようになってしまい、保証期間内に返品の上、新たに買い直しました。

乗ってみた感じは、、、鈍感なものでよく分からないというのが一番正直なところです。まあ、何の違和感もなく快適に走れて満足しています。今までの自分の自転車に比べてトップチューブが長め(巻き尺で565mmくらい)なのでやや心配だったのですが、リーチの短いハンドルのおかげで、突き出し100mmのステムとの組み合わせでも問題無くポジションが出せました。

今年はこいつをなるべく沢山走りに連れ出そうと思っています。

« チネリ組み始めました・・・が (3) | トップページ | 本館を一時閉鎖 »

02.自転車-チネリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チネリ・スーパーコルサ:

« チネリ組み始めました・・・が (3) | トップページ | 本館を一時閉鎖 »

リンク

ウェブページ

memo

無料ブログはココログ