« ホイールメンテナンス(1) | トップページ | ホイールメンテナンス(3) »

2014/08/05

ホイールメンテナンス(2)

前回のつづき。引き続きSWスポルティフのホイール整備を進めます。

注文していた前輪ハブの玉押しが届きました。
「2001年頃のベローチェ前輪玉押し」というオーダーに対して、いつもの通販店主からの回答は「93年アテナの玉押しで行けると思います。在庫あります」 …へー。どう考えてもそっちの方が珍しいだろうに。

で、早々に届いた玉押しを見ると、確かに玉押しとしては角度も同じ感じで実際何ら問題なく使えましたが、縦方向の厚みが若干違うようです。

Img_4293
左が虫食いベローチェ、右が今回届いたアテナ。厚さがちょっと違います。玉当たり面は研磨され良い感じです。


とりあえず組んで、、、ここでまた一つ失敗。玉当たり調整の締め合わせで力を入れすぎて、シャフトのねじ山をなめてしまいました。

Img_4294
とほほ。昔からねじを締めるのに力を入れすぎる傾向はありましたが、ハブシャフトをなめたのは初めてです。

ねじ山をつぶしたシャフトは家に転がっていた古いシャフトと交換して、今度は締めすぎないように慎重に玉当たり調整をして完成。やれやれ。

で、自転車に組んでみて初めてもう一つの変化に気付きます。オーバーロックナット寸法が3mmほど縮んでいる。・・・そっか、玉押しの厚みが変わったせいです。今度、両側に1mm半くらいのワッシャを噛ませましょう。今日はここまで。

« ホイールメンテナンス(1) | トップページ | ホイールメンテナンス(3) »

02.自転車-SW」カテゴリの記事

03.パーツ/メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87191/60100318

この記事へのトラックバック一覧です: ホイールメンテナンス(2):

« ホイールメンテナンス(1) | トップページ | ホイールメンテナンス(3) »

リンク

memo

無料ブログはココログ